会員の紹介

(有)せりた

農業経営から「百姓」をめざして

食生活改善と提言の一環として、「自然と共生できる農業」・「健康のための食」を掲げ玄米食の普及にも力をいれたところ、今では消費者支持もあり、玄米と胚芽米が産直に出す出荷量の3~4割ほどにもなっています。  他に、畑の肉とも呼ばれる大豆・小麦・小豆類を栽培し、もち・無農薬大豆の味噌・そして、懐かしい昔ながらの経木に包んだ納豆など、安定生産しつつ、加工・販売にも取り組んでいます。  現在、加工異業種と自治体による事業連携で漬物生産を始めるなど、消費者に安心して食べてもらえる安全な商品づくりが、私たちの努めと農業に励んでいます。

ひとことメッセージ

すべての存在は必然であり、意味がある。

  • 出会いを大切に
  • ひとつは全体であり、全体はひとつ
  • 生かされて生きていることに感謝
  • 新しい時代は私たち一人一人の生き方に

代表取締役 芹田 省一

概要

所在地 〒010-0442 南秋田郡大潟村東2-4-30
TEL 0185-45-2356 
FAX 0185-45-2877
経営規模 水稲10ha、小麦4.5ha、大豆10ha、飼料用米2.3ha
主な生産物・販売商品 水稲(玄米、胚芽米販売)、小麦、大豆加工(みそ・納豆)、米加工(もち)
代表取締役 芹田 省一
設立 平成8年4月24日 資本金 10,000,000円
役員 4人 従業員 5人